水の宅配.com ~岡山県~ > 地震のときに予備の水としてウォーターサーバーを使う

地震のときに予備の水としてウォーターサーバーを使う


ウォーターサーバーは、震災用の備蓄水として使うことができます。地震のときには、ライフラインが途切れてしまいます。水道をひねっても、お水が出てこなくなります。災害が起こってから、ライフラインが復旧するまで3日間かかると言われています。その間の水を、ともあれ確保しておかないといけません。そのためにも、地震のときの予備の水は必要なのです。 

地震のときの予備の水として、ペットボトルのお水を箱で買って、保存しているという家庭が多いのではないかと思います。4人家族なら、2リットルペットボトル6本入り1箱の段ボールが、3箱程度必要となります。それを、物置や戸棚の奥にしまっておいて、地震に備えるのです。 

しかし、これらのお水は場所をとるものです。賞味期限が切れてしまわないか、いつもチェックしないといけません。そこらへんが、面倒です。 

ウォーターサーバーの宅配水を利用すれば、そのボトルがそのまま、災害用の予備の水となります。ウォーターサーバーは、停電のときでも使うことができます。水のボトルをウォーターサーバーに装着して、スイッチを押せば水が出てきます。電源が切れているので、保冷機能はありませんが、そこはペットボトルの水も同じ条件です。 

ウォーターサーバーの水を地震のときの予備のお水とすれば、いつでも新鮮なお水が用意できます。賞味期限をチェックする必要もありません。12リットル入りなど大容量のボトルなので、結果的に場所もとりません。