水の種類

 水には硬水と軟水があります。水道から出る水は地域によって違いますが、これは水が流れてくる地盤によって変わります。

 石灰岩で出来た山の地中にしみこみ長い年月をかけて出てきた水は硬水に傾きます。これは水に石灰が溶け込んだ結果なるもので、軟水の地域の山は石灰で出来ていないことが多いようです。旅行に行って水が苦く感じる方は、今住んでいる地域が軟水だと考えられます。硬水の地域に住んでいて軟水を飲んだ方は、少し甘ったるいような柔らかいような感じになります。

 水の硬度は飲みやすさや料理に使ったときの味にも影響してきますので、料理にこだわっている方は使い分けたりしているようです。
 他にもアルカリ水、酸性水というものもあります。これはPH値が酸性やアルカリに傾いているのではなくて、イオン分子、電解的にということでです。アルカリ水は医療用にも使われ、身体の治癒力が上がるという説も出ています。酸性水は、消毒の効果があるということで、消毒用として使われたりアトピーのかたが使ったりしているようです。