水の宅配.com ~岡山県~ > お茶よりも水を飲む方が急増

お茶よりも水を飲む方が急増

 最近のコンビニのペットボトルの購入の傾向をみているとお茶から水に変える方が増えているようです。これは何も味のない水の方が良いと思う方が増えているのでしょうか。

 若い方ほど水を飲むようになってきている気がします。個人的な感想ではお茶がおいしくないからというのが原因なのではと思っています。お茶には一番茶、二番茶、番茶などがありますが、ペットボトルのお茶の原料の葉っぱはそんなランクでは表せないぐらいに安く味気のない葉っぱを使っていると聞いたことがあります。現に、スーパーなどで買ってきたお茶を家庭で入れて冷やした方がおいしいですからね。もちろん、防腐剤の影響や鮮度の問題もあると思いますが、何よりペットボトルのお茶の味に敏感になったか方が増えたのではないでしょうか。

 その結果、あまりおいしくないお茶を飲むのなら水を飲んだ方が良いと考える方が増え、結果的に水の売れゆきが伸びているような気がします。そうでなければ、狭いスペースのコンビニの棚に水の種類が増えていくなんてありえませんからね。